禁煙・その後

禁煙6か月後

投稿日:

 

8月23日の禁煙開始から、もう6か月が過ぎた。禁煙を開始したときは半年なんて先過ぎて想像もできなかったが、途中からはタバコを吸っていたことすら忘れてしまうので、気が付いたら過ぎていたという印象だ。危うく半年経ったことすら気付かずに、過ぎ去ってしまうところだった。禁煙半年となると、いったいどんな感覚になるのか?自分自身の備忘録と、これから禁煙を開始する人にイメージを持ってもらうためにも、簡単にメモしておきたい。

 

吸わずにすんだ本数と節約金額

6ヶ月も経過したので、ふとどれくらいの金額が節約できたの気になってきたので、例のごとくみんなの禁煙掲示板で確認してみると、以下の通りだった。吸わずにすんだ本数は約2,600本、節約金額は6万円に迫る(1日14本で1箱460円で計算)。ここまで頑張るとなかなか壮観だ。とはいえ、半年で2,600本も吸っていたのかと思うと、喫煙者の肺が真っ黒なのも頷ける。回復する暇もないのだろう。また、6万円もお金が浮いたかと思うと、なかなか大きいのではないだろうか?

吸わずにすんだ本数:2,568本
節約金額:59,064円

はっきり言って、苦痛の末にやっとやっと6万円節約できたというのであれば、別に私はそんなに無理する必要もないと思うが、辛かったのは最初の1ヶ月くらいなもので、後は放っておいたら6万円も浮いたなんて素晴らしい話に思えてきた。前にも述べたように、私は断じてお金のためだけに禁煙をしたわけではないが、まさに塵も積もれば山になる状態で、ちょっぴり嬉しい

 

肝心の喫煙欲求は?

3か月経過したときにも書いたが、喫煙欲求は「ほとんど」ない。重要なのは「ほとんど」であって、ゼロではないことだ。やはりお酒を飲んだ時や、ラーメンなどの味の濃いものを食べた時。もちろん、毎回ではないのだが、いろんな感情やシチュエーションがたまたま合致したときに、ふと吸いたくなる。頻度で言えば、2週間に1回もないくらいだ。ぐっと我慢すれば耐えるのは難しくないが、そのたびにやっぱりそう簡単にタバコって抜けないんだな、と少し寂しくなる。

そして、つい先週にもタバコを吸う夢を見た。ちなみに夢を見た直前にタバコのことを考えたなどということはまったくなく、本当に突然見るのだ。先週の夢は結構覚えているのだが、「加熱式タバコだから問題ないだろう」という謎理論に基づき、アイコスを3本も吸ってしまった夢だった。禁煙と同時にアイコスを手放しておいて本当に良かったと思った。半年禁煙したけど、また吸ってしまったなんて人には良く会うので、まだまだ油断できない

そうは言っても、普段の生活でタバコのことを思い出すことはもはやほとんどない。タバコのリフレッシュ時間がなくなることを禁煙する前には気にしていたが、これについてはまったく気にならない。タバコミュニケーションがなくなった弊害も今のとこは感じていない。但し、仕事中は少しトイレに行く回数が増えた気がする(あまり便意や尿意がなくても、何となく席を立ちたくてトイレに行く)。

 

その他の影響は?

6か月ともなるとタバコを吸っていた時の記憶も薄れていくので、もはや比較をすることが難しくなりつつある。一方、嫌煙家になる禁煙者が多いことは繰り返し述べてきたが、半年経ったところでタバコへの嫌悪感が増したということはほとんどない。但し、3か月後以上にタバコの臭いに敏感にはなった気がする。ちょっとのタバコの臭いにもすぐに気付くようになった。そのほか、身体や精神面での影響もほとんどない。今振り返ってみれば、私は禁煙鬱の症状はほとんどなかったと言えるかもしれない。

また、いまだに馴染みのない駅の近くなどで喫煙所を見つけると、何となく安心感や嬉しい気持ちが起こる。最近だと、セブンイレブンの灰皿撤去のニュースにドキッとしたりもする。こうした喫煙所やタバコ関連の話を聞くたびに何となく反応して、すぐにもう自分には関係ない話だったと思い直すことがある。長年の感覚というのはやはりなかなか抜けないものだ。タバコの値上げのニュースだけは、早めに辞めてよかったと「にやっ」としてしまうが。

 

タバコを辞めて本当に良かったか?

禁煙3か月後にも自問したことを、あえてもう一度考えてみる。今の気持ちとしてはよく分からないというのが正直なところだ。というのも、タバコを辞めて困ったことは何もないのだが、普通に生活してて辞めて良かったなぁと思うこともほとんどない。もちろん上述のように、振り返ってみると節約金額が溜まってて嬉しい気持ちになることはあるのだけれど。

つまり、もうタバコを吸わない生活に完全に慣れてしまっているので、比較をすることが難しいのだ。そう考えると、どっちでも変わらないのだったら、お金も浮くし、健康にもなるので、やはりタバコは辞めて良かったのかもしれない。次は、禁煙を断念しましたというお知らせにならないよう気を付けながら、9か月か1年などの区切れで改めて振り返ってみたい。

-禁煙・その後

Copyright© 禁煙を志す人へ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.